美文字

【ひらがな編】日ペンのボールペン習字講座に学ぶ、キレイで美しい文字

こんにちは。ボールペン字初心者の涼です。

ボールペン習字学習の学習「ひらがな編」が終わりました。

美文字が書けるようになる要素の1つに、美文字を知っていることがあります。

というわけで今回は、日ペンのボールペン習字講座で使用されている、美しい「ひらがな」達をご紹介します。

 

涼
日ペンの「ひらがな」は、何度見ても美しい

 

今回のザックリしたまとめ
  • 「ひらがな」にはいくつかのパターンがある
  • 「ひらがな」それぞれのポイントを抑えると、字が締まる
  • 日ペンの「ひらがな」は美しい

その1.結びの形・向かい合う線の形

「ひらがな」その1

 

結びには、「三角おにぎり型」と「米粒型」があります。

「ま・な」は三角おにぎり型で、「は・ほ・よ・ぬ」が米粒型です。

「三角おにぎり型」は、書き終わりのよこ線を上に膨らませます。

「米粒型」は、結びに入るところのカーブを大きくゆったりと書き、最後は右下に抜くのがポイントです。

その2.向かいあう線の形

「ひらがな」その2

 

「に」と「た」の右側は、少し違います。「に」は下の線が長く、「た」は上の線が長いです。

「い」と「か」の右の線は、全く同じです。

「り」「う」「け」の最後の線は、あまり丸くなりすぎないように注意しましょう。

その3.右回転させる形・右上の点・右にふくらませる線

「ひらがな」その3

 

「の」「あ」「め」は、左下に向かう線から右回転させます。

最初の斜めの線を傾けて止め、その後なるべく上に向けましょう。

「お」「む」の最後の右上の点は、なるべく上に打ちましょう。

「ら」「ち」のたて線は、直線ではなく、丸みをつけると美しくなります。

その4.左右が対称となる形・長いよこ線の形

「ひらがな」その4

 

「ろ」「る」「ゑ」「ゐ」「み」は、左右対象形のひらがなです。

斜めの線が立ちすぎないようにしましょう。

「て」「そ」「す」の長い横線は直線ではなく、少し上に反らせるようにして書けば、日本語らしい美しいひらがなになります。

その5.長いよこ線の形・左回転させる形・いろいろなはらい

「ひらがな」その5

 

「せ」「さ」の長いよこ線は、上に反らせるように書きましょう。

「と」の二筆目「を」の三筆目は、カーブを小さくするのがコツです。

逆に「し」「ん」は空間をゆったりさせると安定します。

「れ」「ね」の一筆目は全く同じです。また、左右対称形の文字でもあります。

その6.いろいろなはらい・止めの形・3つの点の形

「ひらがな」その6

 

「わ」の二筆目と「つ」は同じ形です。

「や」はひし形、「え」は三角形の左右対称形になります。

「ひ」は傾けて書く分、最後の線を長くしてバランスをとります。

「へ」「く」の角度は極端にならないようにしましょう。

「ふ」は三・四筆目の点の方向と位置に気をつけましょう。

まとめ:「ひらがな」それぞれのポイントを抑えると字が引き締まる

日ペンのボールペン習字講座を学ぶ中でわかったことがあります。

それは、それぞれの「ひらがな」に、ポイントとなる部分があるということです。

今回ご紹介した、このポイントをしっかりと抑えることで、あなたの「ひらがな」はグッと締まった文字になりますよ。

日ペンのボールペン習字講座

ボールペン字を独学でやり始めると高確率で挫折します。では、いつ挫折するのか。それは、テキスト通りに文字を書いても字の上達を感じなかった時です。
「日ペンのボールペン習字講座」には、全12回の添削があり、ペン字のプロが、あなたの字が上達するよう何度もアドバイスをしてくれます。
最短で美文字を目指すなら、その入口は「日ペンのボールペン習字講座」で。独学で上達できるまでの力がつきます。

日ペンのボールペン習字講座を見てみる