美文字

ボールペン字で書く数字は3種類!用途によって書き分けよう

こんにちは。ボールペン字初心者の涼です。

私達がふだん目にする数字は、アラビア数字が圧倒的に多いですよね。

 

涼
「1」「2」「3」とかの数字のことね。

 

このアラビア数字を手書きで書く時に、あなたはTPOによって使い分けていますか?

実は、この見慣れた数字には、手書きの際にはいくつかの種類があります。

今回は、その書き方について解説したいと思います。

今回のザックリしたまとめ
  • アラビア数字の書き方は3種類ある
  • 書き方の違いは、「角度」である
  • 角度をつけるほど、速記に向いている

ボールペン字で書く数字は3種類ある

ボールペン字で書く数字は、その特徴によって大きく3種類に分かれます。

書き方違いは、角度です。

それぞれ説明していきます。

その1.直立させた数字は、安定感がある

数字(20度)

小学生の低学年で最初に数字の書き方学んだ時に、このような書き方をしたのではないでしょうか。

直立された数字には、何よりも安定感があります。

1文字ずつしっかり書いていくので、数字の読み間違いも少ないですし、なによりキレイにかけます。

ただ、手書きで書くときには、速さを犠牲にしてしまうので、普段使いには向いていない書き方でもあります。

その2.20度傾けた数字はバランスがよい

数字(20度)

先程の、直立させた数字よりも、20度ほど傾けた数字です。

見慣れた数字の書き方ではないでしょうか。

これぐらいの角度であれば、手書きの際、漢字やひらがなと一緒に書いても違和感がないですし、数字を書く速度も高く、実践的です。

その3.30度傾けた数字は「速記」に優れている

数字(30度)

更に角度をつけた数字で、約30度傾けた数字です。

ここまで傾けると、速記に向いていますが、少し砕けた印象を持たれる可能性があります。

ここまで傾けた数字は、数字をよく書く銀行などで使われることが多いです。

まとめ:ボールペン字で書く数字は、速度と安定感を考えながら書こう

ボールペン字で書く数字は、「安定感」と「速度」によって使い分けます。

自分だけが読むメモであれば、速記に特化した数字をかけばよいでしょう。

しかし、対外的に見られる書類や手紙に書く数字は、速記よりも安定性を意識したほうがよいです。

あなたも一度数字を書いてみて、自分がどの種類なのか確認してみてはどうでしょうか。

日ペンのボールペン習字講座

ボールペン字を独学でやり始めると高確率で挫折します。では、いつ挫折するのか。それは、テキスト通りに文字を書いても字の上達を感じなかった時です。
「日ペンのボールペン習字講座」には、全12回の添削があり、ペン字のプロが、あなたの字が上達するよう何度もアドバイスをしてくれます。
最短で美文字を目指すなら、その入口は「日ペンのボールペン習字講座」で。独学で上達できるまでの力がつきます。

日ペンのボールペン習字講座を見てみる