ボールペン字講座

【標準学習期間を推奨】ボールペン字講座の短期学習はやめたほうが良い3つの理由

こんにちは。ボールペン字初心者の涼です。

私は現在、日ペンのボールペン習字講座を受講しています。

日ペンのボールペン習字講座は、学習時間が1日20分で期間は6ヶ月です。

この学習時間と学習期間を最初に見た時に、思ったことがあります。

それは、「一日の学習時間を1時間にすれば、2ヶ月で終わるんじゃね?」と、いうことです。

しかし、実際に学習をすると、学習期間を短縮はやめたほうが良いという結論に至りました。

今回は、ボールペン字講座の標準学習期間を守ることの大切さについて、詳しく解説したいと思います。

今回のザックリしたまとめ
  • 主要ボールペン字講座の標準学習期間は6ヶ月
  • 学習期間は「記憶」「添削」「手技」の3つの理由により、短縮しないほうが良い
  • ボールペン字講座は、学習期間を含め綿密に設計されている

主要ボールペン字講座の標準学習期間は6ヶ月

私は現在、日ペンのボールペン習字講座を受講しています。

日ペンのボールペン習字講座の標準学習期間は、6ヶ月(最長12ヶ月)です。

この期間は、日ペンだけでなく主要なボールペン字講座はどこも同じです。

ボールペン字講座の学習期間を、短縮しないほうが良い3つの理由

ボールペン字講座の1日の学習時間は約20分です。

なので、1日に1時間ボールペン字講座学習をしてテキストを進めていけば、2ヶ月(6ヶ月÷3)で終わります。

私は基本的に、短期集中学習を好む人間です。

なのでボールペン字講座も、教材が実際に届くまでは、標準学習期間よりも早く進めようと考えていました。

しかし、実際に学習を始めてみると、ボールペン字講座は、短期学習には向いていないと思うに至りました。

その理由は3つあります。

その1.長期間繰り返し学習する方が記憶に残る

記憶には「短期記憶」と「長期記憶」があります。

短期記憶は、その名の通り短期間だけ記憶することです。

まず最初に新しく入った情報は、「海馬」に仮保存されます。

この仮保存されている間に、その情報が何度か使われた時に初めて、長期記憶として脳内の側頭葉に記憶されます。

そしてその後も、長期間に渡って繰り返しその情報を思い出すことで、より深く記憶に刻まれます。

つまり、長期に渡って何度もテキストを開いて学習した方が、脳内に記憶が定着するということです。

その2.添削の返却期間と合わなくなる

ボールペン字講座では、学習課題を提出し、添削してもらうことができます。

主要なボールペン字講座の添削回数はだいたい10回〜12回です。

つまり、標準学習期間で学習を進めると、概ね2週間に1回課題を出すことになります。

対して、課題を提出してから添削されたものが返ってくるまでの期間も約2週間です。

つまり、標準学習期間を守らずにテキストを進めてしまうと、添削の結果を、次の課題に反映できないまま、提出しなければならなくなります。

その3.ボールペン字講座学習は、「頭で覚える」のではなく、「体で覚える」もの

ボールペン字講座学習を実際にやって気づいたことがあります。

それは、ボールペン字は、資格試験のように「知識」を蓄積するというよりは、体を使ったスポーツに特性が似ているということです。(もちろん、美文字を記憶するという意味では、知識の蓄積という側面もあります。)

つまり、ボールペン字のスキルは「手技」なのです。

スポーツの練習は、短期間の間に無理に練習するよりも、長期間かけて繰り返し練習した方が効果がありますよね。

ボールペン字講座の学習も同じです。

長期間かけて繰り返し学習したほうが、ボールペン字は上手くなります。

まとめ:ボールペン字講座の教材は、学習期間も含め綿密に設計されている

学習計画表

ボールペン字講座は、全ての教材と学習期間が綿密に計算されています。

標準学習通りにきっちり進めていけば、一定の効果があるように設計されています。

慌てず焦らず、ステップ・バイ・ステップで学習をしていくことが、学習時間に対する成果が最大限発揮できるような気がします。

日ペンのボールペン習字講座

ボールペン字を独学でやり始めると高確率で挫折します。では、いつ挫折するのか。それは、テキスト通りに文字を書いても字の上達を感じなかった時です。
「日ペンのボールペン習字講座」には、全12回の添削があり、ペン字のプロが、あなたの字が上達するよう何度もアドバイスをしてくれます。
最短で美文字を目指すなら、その入口は「日ペンのボールペン習字講座」で。独学で上達できるまでの力がつきます。

\たった7日で効果を実感できる!/

日ペンのボールペン習字講座に興味がある

※受講後の100%返金制度あり